広域型特別養護老人ホーム ネムの木施設建設工事

ネムの木施設

この建物は、鉄骨造2階建ての広域型特別養護老人ホームです。 1階は多目的ホールがあり、施設内での行事や地域の人たちとの交流もできるホールとなっています。 職員や地域の方が利用できる保育園や施設入居者用の厨房等があり、隣接する既存施設へと繋がる連絡通路があります。2階は施設の居住フロアとなっており、4床12部屋、2床3部屋となっています。 また、大型食堂が2箇所あり、どちらも窓から瀬戸内海が一望できるようになっています。 サンセットの時刻には綺麗な夕日が見えプレミアムな時間を過ごすことができロマンチックな雰囲気で癒されます。 外観は、3種類の外壁材を使用していて、ALC、角波鋼板、窯業系サイディングでシンプルでシャープなイメージがアートな建物を表現しています。また、目の前に広がる瀬戸内海にとてもマッチングしています。

そして立地も良く、近所には豊浜町の一の宮海水浴場、一宮神社、一の宮公園があり、休日にはレジャーで楽しむ 家族連れで賑わう場所となっています。 天気の良い日には西方向にいりこと瀬戸内国際芸術祭で有名な伊吹島が見える景色の良い場所となっています。 工事時期が冬場で海に隣接していることもあり、何度か強風に悩まされることもありましたが、景色に癒されたり 工事が進捗するごとに気温も高くなり、完成と言う春を迎えることができ、とても印象に残る現場となりました。

ぜひ、これをご覧の皆様も観音寺市豊浜町へドライブがてらにお越し下さい!